民間工事と公共工事の違いを確認して生活に活かすきっかけづくり

民間工事と公共工事の違いとは

家屋や事業所の快適な使用に繋げるためにも民間工事は欠かせません。 家屋や事業所建設やメンテナンスができていると、快適な建物使用が可能です。 日常生活をストレスなく送れたり、事業所利用者の生産性が増したりします。 民間工事があるからこそ、私たちの生活が豊かに過ごせるのではないでしょうか。

民間工事を詳しく確認しましょう

人々が快適な生活を送るにあたり、道路や公共施設、持ち家などの建設や舗装工事は欠かせません。
その中に民間工事と公共工事があり、どのような違いがあるか気になる人はいるのではないでしょうか。

民間工事だと建設業者や土木事業者といった民間企業が発注した工事になります。
資金調達は民間企業が行います。
例えば、家屋や賃貸物件の建設、補修やメンテナンスなどです。
近年だと高層マンションの建設も該当します。
請負金額が500万円以上の工事だと建設業許可が必要です。
事業経営者や勤務する職人のキャリアや建築士や施工管理技士といった資格の有無は必要ですが、高額な資本金も必要です。
規模が大きな民間工事をする場合は、経営体力や実績が欠かせません。

国や都道府県、市町村からの依頼で公共施設の建設やメンテナンス、道路施工といった工事をするのが公共工事です。
特に誰もが道路は使用しますが、メンテナンスが十分にできていないと安全な使用ができず事故のリスクが増したり、生活に支障が出たりします。
定期的に公共工事をすることで、各種リスクを下げるので大事な仕事です。
教育機関や福祉・娯楽施設といった公共機関も、日々の生活を豊かにするうえで欠かせません。
公共工事によって快適な使用に繋がっています。
また、事業者にとっても、公共工事の依頼によって高額な費用が得られる以外に、実績として残せます。
その分審査が厳しく、建設業許可を持つ以外だと工事成績の評定が高く資本体力のある所に依頼する傾向にあるようです。
各自治体が厳しい審査をしている分、質の高い公共工事を提供できるのではないでしょうか。

では民間工事と公共工事について更に確認を進めましょう。

公共工事について確認を進めましょう

道路や橋、公共施設といったものが安心安全な使用ができないと生活に支障をきたす原因となりかねません。 他には、教育や福祉、娯楽などの充実もできなくなるでしょう。 そこで各自治体が建設業者に公共工事の依頼をしますが、審査が厳しい分、質の高い工事ができるのではないでしょうか。

業者によってできる工事とできない工事があるのか?

民間工事と公共工事がありますが、業者によってできることとできないことがあるのか確認を進めましょう。 民間工事であれば、水道工事や電気工事など一部分の工事だけ行う所もあるようです。 公共工事の場合は各自治体による審査がある分、実績や資本面の体力が必要です。 それらの違いを更に詳しくご説明します。